関節痛への対処方法

朝起きたときや長時間同じ姿勢でいたあと、階段の上り下り、歩いたあとなどにひざやひじ、指などの関節がこわばって動きにくかったり、痛みを感じることはありませんか。

とくに寒くなってくると、こういった症状が出やすくなります。こういう場合、関節に炎症が起きている可能性があります。

関節痛はさまざまな原因から起こります。代表的なものとして、「変形性関節症」・「関節リウマチ」です。
また、最近中高年になってからスポーツを始める人に多い、過度の運動による「関節障害」です。

これらは、同じ関節痛でも全く違う病気でそれぞれ対処の仕方も異なります。
そういったことを知らないで、ただ湿布薬を使用したりして自己治療をしているとかえって症状を悪化させることになります。

関節に違和感を感じたり、痛みを感じたら、その原因を突き止めたうえで、対処することが大切です。

関節痛への対処「変形性関節症」

「変形性関節症」は関節痛の原因で、一番多いと言われています。関節の老化とも言い、加齢とともに軟骨のクッション性が減少することで起きます。

変形性関節症が起こりやすい部位はひざです。立っているだけで全体重のほとんどをひざが支えています。座ったり立ち上がったりするときにも、ひざに大きな負担がかかっています。さらに加齢によって足の筋肉が衰えると、ひざへの負担はとても大きくなってしまうのです。そのために、ひざ痛を起こしてしまうと考えられています。

対処法としては、肥満であれば体重を落とす。適度な運動で筋肉を鍛え、関節を柔らかくする。プロテオグリカンなど配合のサプリメントで保水量を改善、軟骨の産生を促すなどです。

関節痛への対処「スポーツ時の関節障害」

近年、健康ブームで、テレビなどでは毎日のように健康に関する特集番組を組んでいます。私たちはその内容に一喜一憂しながら、少なからず影響を受けています。

そのためか、スポーツを始める中高年が増えています。中高年になってからのスポーツには注意が必要なのです。年齢とともに関節の軟骨がすり減り、軽度の変形性関節症を起こしてしまうことが多いのです。

特にひざ関節には大きな負担がかかるのがスポーツです。ひざへの負担は走るときには、歩くときの5~10倍もの負担がかかります。筋肉量が減少しているので、その負担は想像以上のものになることを念頭にスポーツを行う必要があります。

スポーツ前後の準備運動やストレッチ、クッション性のよい靴、張り切りすぎない、関節に違和感があったら、しばらく運動を控えるなど、こころも柔軟にすることが大切です。

関節痛への対処「関節リウマチ」

関節リウマチは変形性関節症と並ぶ、関節痛の2大原因のひとつです。大きな違いはその原因が自己免疫疾患だということです。
関節リウマチは免疫異常が関節に影響して、起きる病気で、進行すると関節の組織が壊れ、痛みや腫れがひどくなり、指などが変形してしまうこともあります。

関節リウマチは女性が罹りやすいと言われます。女性ホルモンが関係しているとも言われますが、はっきりと解明されていません。初期症状として、朝起きたときなどに手足の指にこわばりや腫れ、痛みを感じることが多いとされています。

関節リウマチは自己治療などに頼らず、気づいたらすぐ医療機関での受診をすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>