プロテオグリカンの基礎知識

「プロテオグリカン」とは、最近少しづつ耳にするようになりましたが、ご存じない方の方が多いかもしれません。

プロテオグリカンは学術的には、糖とタンパク質の複合体で、糖タンパク質の一種です。「プロテオ」はプロテイン(タンパク質のこと、「グリカン」は多糖類を意味します。

プロテオグリカンは、主要な各種臓器、脳、皮膚を始めとした体全体の組織中の細胞外マトリックスや細胞表面に存在するほか、関節軟骨の主成分としても存在しています。

「グルコサミン」と言えば、知名度が高く、関節痛などに効果が高いと言われサプリメントなどで知られていますが、プロテオグリカンの存在なしにグルコサミンもありえないのです。

つまり、グルコサミンも、プロテオグリカンの成分の一部だということなのです。

プロテオグリカンの研究は、1970年ごろから徐々に見出されるようになり、近年になって、研究報告が認められるようになってきました。

弘前大学の高垣教授によって、鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンを抽出する方法が発見されました。それまでは、有害の試薬でしか抽出できなかったのですが、4%の酢酸溶液を使って抽出することを発見したのです。

そのため、食品や化粧品にも使用できるようになり、医療素材や化粧品原料としての応用が期待されています。
プロテオグリカンは保水性に優れた成分で、肌の保湿やハリに高い効果があり、関節ではクッションの役割を担っています。

以前はとても稀少な成分だったため、高価で手に入りにくかったのですが、近年は鮭の鼻軟骨から効率よく抽出できるようになり、広く利用されるようになってきています。

注目になりつつある、プロテオグリカンは、化粧品だけでなくサプリメントとして取り入れる方法もあります。プロテオグリカンは抗炎症作用があるとされ、さらに軟骨成分の産生も促す働きもあるとされていることから、関節痛の緩和なども期待できます。

もちろん、プロテオグリカンのサプリメントは美容効果にも優れ、肌のターンオーバーを促進する働きもします。また、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促し、お肌にうるおいとハリを与えます。

そして肌の保水、皮脂量のバランスを整え、抗炎症作用でシミやそばかすなどの色素沈着の予防・改善にも効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>