プロテオグリカンの副作用

プロテオグリカンはもともと人の体に多くある成分のひとつです。
高い保湿性を持っていることから、最近は美容分野で注目され、プロテオグリカンを配合した化粧品が多く出回るようになってきました。

プロテオグリカンは、女性のお肌に密接な関係のあるヒアルロン酸などと、非常に親和性があるため、今後もどんどん取り入れられてゆくと見込まれています。

プロテオグリカンの体への悪影響については、もともと体に存在する成分なので、副作用などの心配はないと言われています。サプリなどで少々過剰摂取をしたとしても深刻な事態に陥ることはまずないと言っていいでしょう。
現在までにプロテオグリカンの副作用で、重大な疾患につながったという報告は1回もありません。

ただし、これはどのサプリメントにも言えることですが、適切な摂取量があります。たくさん摂ればいいというものではないので、用法・用量を守ることがとても大切なポイントです。

また、プロテオグリカンが配合されているサプリなどは鮭の軟骨から抽出していることが多いため、鮭アレルギーを持っている方は使用を控えましょう。
他のアレルギーを持っている方でも、配合されている成分に反応する物質があるかもしれませんから、サプリを選ぶ際には確認が必要です。

病中、病後、妊娠、授乳中、お子さんなどにサプリメントを使用する場合などは、医師に相談することをお勧めします。

プロテオグリカンはもともと体内に存在するものですが、加齢とともに減少し、産生力も弱くなってゆきます。

プロテオグリカンの体内での働きは、抗炎症作用があることが研究により確認されています。
肥満や生活習慣病、脳や内臓や血管の老化、ガン、リウマチなどは、活性酸素が一因とされています。プロテオグリカンの抗炎症作用がこれらの予防・改善に効果があると期待されています。

また、プロテオグリカンには腸内環境を善玉菌優位に変える働きをすることもわかってきました。
アルコール・ストレス・たばこなどからの刺激が原因の炎症にも効果も期待され、さらに大腸炎、関節炎、アレルギー性疾患などまで予防・改善するだろうといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>