月別アーカイブ: 2015年10月

関節痛への対処方法

朝起きたときや長時間同じ姿勢でいたあと、階段の上り下り、歩いたあとなどにひざやひじ、指などの関節がこわばって動きにくかったり、痛みを感じることはありませんか。

とくに寒くなってくると、こういった症状が出やすくなります。こういう場合、関節に炎症が起きている可能性があります。

関節痛はさまざまな原因から起こります。代表的なものとして、「変形性関節症」・「関節リウマチ」です。
また、最近中高年になってからスポーツを始める人に多い、過度の運動による「関節障害」です。

これらは、同じ関節痛でも全く違う病気でそれぞれ対処の仕方も異なります。
そういったことを知らないで、ただ湿布薬を使用したりして自己治療をしているとかえって症状を悪化させることになります。

関節に違和感を感じたり、痛みを感じたら、その原因を突き止めたうえで、対処することが大切です。

関節痛への対処「変形性関節症」

「変形性関節症」は関節痛の原因で、一番多いと言われています。関節の老化とも言い、加齢とともに軟骨のクッション性が減少することで起きます。

変形性関節症が起こりやすい部位はひざです。立っているだけで全体重のほとんどをひざが支えています。座ったり立ち上がったりするときにも、ひざに大きな負担がかかっています。さらに加齢によって足の筋肉が衰えると、ひざへの負担はとても大きくなってしまうのです。そのために、ひざ痛を起こしてしまうと考えられています。

対処法としては、肥満であれば体重を落とす。適度な運動で筋肉を鍛え、関節を柔らかくする。プロテオグリカンなど配合のサプリメントで保水量を改善、軟骨の産生を促すなどです。

関節痛への対処「スポーツ時の関節障害」

近年、健康ブームで、テレビなどでは毎日のように健康に関する特集番組を組んでいます。私たちはその内容に一喜一憂しながら、少なからず影響を受けています。

そのためか、スポーツを始める中高年が増えています。中高年になってからのスポーツには注意が必要なのです。年齢とともに関節の軟骨がすり減り、軽度の変形性関節症を起こしてしまうことが多いのです。

特にひざ関節には大きな負担がかかるのがスポーツです。ひざへの負担は走るときには、歩くときの5~10倍もの負担がかかります。筋肉量が減少しているので、その負担は想像以上のものになることを念頭にスポーツを行う必要があります。

スポーツ前後の準備運動やストレッチ、クッション性のよい靴、張り切りすぎない、関節に違和感があったら、しばらく運動を控えるなど、こころも柔軟にすることが大切です。

関節痛への対処「関節リウマチ」

関節リウマチは変形性関節症と並ぶ、関節痛の2大原因のひとつです。大きな違いはその原因が自己免疫疾患だということです。
関節リウマチは免疫異常が関節に影響して、起きる病気で、進行すると関節の組織が壊れ、痛みや腫れがひどくなり、指などが変形してしまうこともあります。

関節リウマチは女性が罹りやすいと言われます。女性ホルモンが関係しているとも言われますが、はっきりと解明されていません。初期症状として、朝起きたときなどに手足の指にこわばりや腫れ、痛みを感じることが多いとされています。

関節リウマチは自己治療などに頼らず、気づいたらすぐ医療機関での受診をすべきです。

プロテオグリカン配合の関節痛サプリメント

プロテオグリカンの含有量が多いサプリなら、『潤腰』です。1日4粒の摂取で、200㎎ものプロテオグリカンを摂ることができます。関節痛に効果があると評判のサプリメントです。

口コミによると、潤腰を飲み始めて4、5日で効果を実感できたという声が多く、それまでのグルコサミン、コンドロイチンなどのサプリではなかなか実感できず悩んでいた方にとっては朗報なのではないでしょうか。

また、『北国の恵み』は軟骨内のクッションの役割をするプロテオグリカン、軟骨の滑らかな動きを助けるヒアルロン酸、これらの成分を繋ぎ止める土台になるⅡ型コラーゲン、この3つの成分から作られています。

北国の恵みに含まれるプロテオグリカンは、型崩れを一切していない非変性の状態で配合されています。これが早く効果が出るポイントなのです。

『ロコモエース』は、水なしでも噛んで飲める仕様になっているのが特徴。
プロテオグリカン、Ⅱ型コラーゲン、ヒアルロン酸の三大成分を配合しています。携帯に便利なので、飲み忘れも少なくなり、効果をきちんと実感できますね。
1日に10㎎摂取すれば効果があるというプロテオグリカンですが、ロコモエースは1日3粒という用量で、15㎎を摂取できます。

どのサプリメントもお試しキャンペーンや、初回割引キャンペーンを行っています。まずは試してみることをお勧めします。

年齢を重ねた多くの方が経験する「膝関節症」、階段の上り下りや、立ち座りなどの際に「痛たっ!」と思わず口から声が出てしまう。そんな経験はありませんか?

関節痛は骨と骨の間にある軟骨がすり減って、神経に触るので動くと痛いのです。軟骨を増やしたり、柔軟にできれば痛みも減少します。
テレビや雑誌、通販などでおなじみのグルコサミンが、関節痛に効果があるということで、多くの方が利用しておられます。

実はグルコサミンは、プロテオグリカンに含まれるごく一部の成分なのです。
プロテオグリカンは軟骨の構成成分の一種で、その高い保水性から軟骨が持つ衝撃を吸収するクッション機能などの重要な働きをサポートします。

プロテオグリカンは軟骨の細胞を増殖させたり、軟骨を形成するのを促す作用があります。これらの働きで、軟骨の再生や減少の予防になり、関節症の症状を緩和する効果が期待できます。

プロテオグリカンで育毛・アンチエイジング

美容効果やアンチエイジング、関節痛などに効果があるというプロテオグリカンですが、髪の毛などにはどんな効果があるのでしょう。

最近はプロテオグリカンが配合された、シャンプーなどが販売されていますが、それだけで育毛できるのでしょうか。「Deeper 3D」というシャンプー剤にはプロテオグリカンが含まれていて、その説明文には、「プロテオグリカンは、成長因子様作用があり、細胞の成長と増殖に関与し、頭皮の新陳代謝を促し、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出し頭皮を柔軟に保つ」

とあります。しかしシャンプーするだけで、頭髪が生えてくるというわけではなさそうです。育毛の土壌を整えることが可能になる、ということです。
育毛シャンプーを使用することで、頭皮環境が改善されて健康な髪が生えやすくなる。ということです。

育毛環境を整えつつ、食生活・喫煙・ストレス・アルコールなどなど、頭皮環境を悪化させる要因を改善しなければ育毛シャンプーの効果は出ないといっていいでしょう。

美容と健康のため、総じてはアンチエイジングのために、あらゆる努力している方なら、もうご存知だと思いますが、今「プロテオグリカン」が注目されています。

プロテオグリカンはお肌にも、身体にもアンチエイジング効果があると言われ、色々な業界で注目されています。

アンチエイジングを始め、体内での抗炎症作用や体内環境の健康維持が可能とされ、肥満や糖尿病などの生活習慣病に悩む人や、身体の老化を気にしている方などに効果があると言われます。

特に美容部門では、美肌への効果が高いため、肌全体の悩みに対処するとして注目が集まっています。

プロテオグリカンの高い保湿性は、お肌を若く保つだけでなく、体の中もみずみずしく保ってくれます。年齢が進むと出てくる関節の痛みなども改善しますから、いつまでも若々しい行動で過ごすことができ、精神的なアンチエイジング効果が期待できます。

プロテオグリカンの副作用

プロテオグリカンはもともと人の体に多くある成分のひとつです。
高い保湿性を持っていることから、最近は美容分野で注目され、プロテオグリカンを配合した化粧品が多く出回るようになってきました。

プロテオグリカンは、女性のお肌に密接な関係のあるヒアルロン酸などと、非常に親和性があるため、今後もどんどん取り入れられてゆくと見込まれています。

プロテオグリカンの体への悪影響については、もともと体に存在する成分なので、副作用などの心配はないと言われています。サプリなどで少々過剰摂取をしたとしても深刻な事態に陥ることはまずないと言っていいでしょう。
現在までにプロテオグリカンの副作用で、重大な疾患につながったという報告は1回もありません。

ただし、これはどのサプリメントにも言えることですが、適切な摂取量があります。たくさん摂ればいいというものではないので、用法・用量を守ることがとても大切なポイントです。

また、プロテオグリカンが配合されているサプリなどは鮭の軟骨から抽出していることが多いため、鮭アレルギーを持っている方は使用を控えましょう。
他のアレルギーを持っている方でも、配合されている成分に反応する物質があるかもしれませんから、サプリを選ぶ際には確認が必要です。

病中、病後、妊娠、授乳中、お子さんなどにサプリメントを使用する場合などは、医師に相談することをお勧めします。

プロテオグリカンはもともと体内に存在するものですが、加齢とともに減少し、産生力も弱くなってゆきます。

プロテオグリカンの体内での働きは、抗炎症作用があることが研究により確認されています。
肥満や生活習慣病、脳や内臓や血管の老化、ガン、リウマチなどは、活性酸素が一因とされています。プロテオグリカンの抗炎症作用がこれらの予防・改善に効果があると期待されています。

また、プロテオグリカンには腸内環境を善玉菌優位に変える働きをすることもわかってきました。
アルコール・ストレス・たばこなどからの刺激が原因の炎症にも効果も期待され、さらに大腸炎、関節炎、アレルギー性疾患などまで予防・改善するだろうといわれています。

プロテオグリカン配合の化粧品

プロテオグリカンは特に美容効果において、その力を発揮する成分です。

プロテオグリカンは、その高い保水力が特徴といわれます。ヒアルロン酸の1.3倍ともいわれ、皮膚のターンオーバーを助ける役割も持っています。

ターンオーバーは、体内で作られる53個のアミノ酸から成り立つEGF(上皮細胞増殖因子)が深くかかわっています。プロテオグリカンはそのEGFに似た働きをするのです。

また、肌の炎症を引き起こす免疫細胞の働きが肌の衰えを加速させると考えられていますが、プロテオグリカンには、この免疫細胞の炎症を起こす働きを抑える働きがあります。

プロテオグリカンを配合したサプリメントや化粧品の使用によって、肌のシワやシミ、たるみなどの老化現象に効果があるといわれます。

各化粧品メーカーでは、プロテオグリカンを配合した化粧品を製造、販売していますが、プロテオグリカンを原料としている化粧品には、プロテオグリカン以外の成分も配合されています。

プロテオグリカン原液化粧品とは、粉末状のプロテオグリカンに水分を配合したものですが、その配合比率については明確な定義は定められていないため、他に余計な成分が入っていないものをプロテオグリカン原液といっています。

プロテオグリカンの効果を濃く実感したい場合は、やはりプロテオグリカンの配合量にこだわる必要が出てきます。

最近は、プロテオグリカンの100%原液が市販されています。プロテオグリカン原液は水溶性が高いため、手持ちの化粧品に混ぜて使うこともできます。
自分の肌に合わせた濃度の、オリジナル化粧水を作ってみるのもいいかもしれません。

美容に一番敏感に反応するエステティックサロンでも、プロテオグリカンを使用するところが増えてきました。
プロテオグリカン原液を他の化粧品に混ぜたり、お客様のお肌の状態に合わせた使用方法で利用しているようです。

プロテオグリカンの高い保湿性を最も生かせるのが、美容液ということです。
以下にその商品をご紹介します。

「テルヴィス アクアプロテオ」
プロテオグリカン化粧品の先駆け的な存在として知られています。アンチエイジング化粧品として人気があります。プロテオグリカン、プランセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミド、ビタミンC誘導体など美容に欠かせないという成分だけを配合した、パーフェクト化粧品です。

「ビナーレ ピージーアルファ」
美容化がプロデュースした美容液です。プロテオグリカンが30%という高濃度配合で、目元口元を集中的にケアしたい人におすすめです。有効成分はプロテオグリカン、ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体など。スポイド式なので衛生的、化粧水などに混ぜるのに便利です。

「Dr.AQUA ミセスハリーアップ」
名古屋大学発のドクターズコスメとして開発された美容液です。1回分ずつがハート型のカプセル入りになっています。
有効成分としては、水溶性プロテオグリカン、ヒトオリゴペプチド-1、コラーゲン、スクワワン、酒かすエキスなど。説明書には夜専用の美容液と書いてあり、確かに翌日は1日肌が潤っているという感想が多くありました。

「PG2 PURE ESSENCE」
有効成分がプロテオグリカンのみで、たった3つの成分からできているというシンプルな美容液。高純度のプロテオグリカンを使ってみたい方にお勧めです。余計な成分が一切入っていないのが安心という評価が多くあり、手持ちの化粧水などに混ぜて使うのがいいようです。

プロテオグリカンの基礎知識

「プロテオグリカン」とは、最近少しづつ耳にするようになりましたが、ご存じない方の方が多いかもしれません。

プロテオグリカンは学術的には、糖とタンパク質の複合体で、糖タンパク質の一種です。「プロテオ」はプロテイン(タンパク質のこと、「グリカン」は多糖類を意味します。

プロテオグリカンは、主要な各種臓器、脳、皮膚を始めとした体全体の組織中の細胞外マトリックスや細胞表面に存在するほか、関節軟骨の主成分としても存在しています。

「グルコサミン」と言えば、知名度が高く、関節痛などに効果が高いと言われサプリメントなどで知られていますが、プロテオグリカンの存在なしにグルコサミンもありえないのです。

つまり、グルコサミンも、プロテオグリカンの成分の一部だということなのです。

プロテオグリカンの研究は、1970年ごろから徐々に見出されるようになり、近年になって、研究報告が認められるようになってきました。

弘前大学の高垣教授によって、鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンを抽出する方法が発見されました。それまでは、有害の試薬でしか抽出できなかったのですが、4%の酢酸溶液を使って抽出することを発見したのです。

そのため、食品や化粧品にも使用できるようになり、医療素材や化粧品原料としての応用が期待されています。
プロテオグリカンは保水性に優れた成分で、肌の保湿やハリに高い効果があり、関節ではクッションの役割を担っています。

以前はとても稀少な成分だったため、高価で手に入りにくかったのですが、近年は鮭の鼻軟骨から効率よく抽出できるようになり、広く利用されるようになってきています。

注目になりつつある、プロテオグリカンは、化粧品だけでなくサプリメントとして取り入れる方法もあります。プロテオグリカンは抗炎症作用があるとされ、さらに軟骨成分の産生も促す働きもあるとされていることから、関節痛の緩和なども期待できます。

もちろん、プロテオグリカンのサプリメントは美容効果にも優れ、肌のターンオーバーを促進する働きもします。また、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促し、お肌にうるおいとハリを与えます。

そして肌の保水、皮脂量のバランスを整え、抗炎症作用でシミやそばかすなどの色素沈着の予防・改善にも効果が期待できます。